雪道もトライアルタイヤなら…とセローで出かけてみる

カテゴリー:セロー, バイクと車, 日々の生活 投稿日:

今日の関東は、未明から大雪。本州で一番温暖な気候と言われる千葉でさえ、結構な積雪量になりました。10cmは積もっているでしょうか。

こうなると、いくつになっても、バイク乗りはウズウズしてしまうもの。最近セローのタイヤをトライアルタイヤ(IRC TR011ツーリスト)に変えたこともあり、思い切って走りに出ることにしました。

うーん、予想通り。エア圧をいくら下げようが、ちっとも噛みません。チュルチュルのぬかるみと同じか、それにも劣るぐらい。とにかく、ちょっとでもトラクションをかけると滑るので、

  • アクセルは基本パーシャル
  • 開けても1/8
  • ブレーキはリヤのみ(効きの悪いドラムで本当に良かった…)
  • 最高速は35km/h

自転車並みのトロトロ運転で、なんとか2km先の海岸まで到着。
白銀の海岸にて黄昏れるセロー

黄昏れながらタバコを1本灰にした後は…公園の無料駐車場で、8の字の練習!

今日は誰もいませんし、スピードもほとんど出しませんから、10分ぐらい練習させて貰いましょう。

超低速からほんのちょっと開けるだけで、ぬるーっとスライド。直立状態のまま、アクセルコントロールだけで8の字を書けます。地がアスファルトということもあり、路面のコンディションが均一なので、直ドリも余裕。

ただ、ちょっと油断すると、一気に限界を超えて横倒しになってしまう訳で。いい歳をしてマナー違反なことをすると、やっぱりそれなりのバチが跳ね返ってくるようですね。プロテクターをしていたにも関わらず、家に帰ってみたら 体のあちこちが腫れあがっていました…

この積雪量で転けるとアスファルト直に叩きつけられるので、当然と言えば当然なのですが…まあ、短時間とはいえ随分楽しませて貰いましたし、泥だらけのタイヤもすっかり綺麗になったので、由としましょう。幸い、手や手首にはダメージ無く、仕事に影響もなさそうで良かったです。




スポンサード リンク