夢の国道16号一周ツーリング…しかし

カテゴリー:バイクと車, 日々の生活 投稿日:

この間のオフ、天気も良いし、ネタ作りにもいいかなぁーと、国道16号をぐるっと一周ツーリングしてみました。

関東以外の方にはあまり馴染みのない道路だと思うのですが、国道16号は横浜市を起点に、さいたま市、千葉市を通り、東京湾をぐるっと囲む、いわば首都圏中枢の環状道路。あまり正確にトレースしていませんが下の地図をご参考下さい。


大きな地図で見る

あいにく国道16号に東京湾を横断するトンネル・橋梁はありません(東京湾アクアラインはもう少し東京寄りを通る)。ただ、千葉側、神奈川側双方とも、端点近くに東京湾フェリーの発着場がありますので、これを利用すれば、国道16号のどこからスタートしても、同じ方向に走り続けているうちにやがて同じ場所に戻れます。

そんな国道16号一周ツーリング、実は20年以上前から一度やってみたかったんですが、なかなかチャレンジする機会に恵まれませんで・・・お昼前に千葉市蘇我のバイク用品店ライコランド千葉湾岸店でお買い物中、突如そのことを思い出して、そのまま京葉道松が丘IC付近の交差点からスタートと相成りました。先に房総方面に向かう外回りルートでのチャレンジ。

国道16号の全周は約250km。フェリーの発着場までの余分なルートを入れても300km弱。まあ、10時間も走れば帰ってこれるでしょう。昼からのスタートにはピッタリのミドルツーリング。冬に入ってしまうと山道は気軽に走れなくなりますしね。16号は全域平地なので安心です。


で、走破してみての感想。

楽しかったのは、千葉側富津の国道16号端点から~金谷港。神奈川側の久里浜港~観音崎の国道16号端点。あとは船の上だけ。

・・・つまり、国道16号区間そのものは全然楽しくありませんでした。

景色はまるで変わらないし、渋滞も酷いし、大型トラックがビュンビュン走っていて危険極まりなく、危険なすり抜けも余儀なくされる。気合いを入れて9時間で走り切るも、達成感はまるで無し。

ある程度予想はしていましたが・・・なんだかガソリン代とタイヤやらオイルやらのライフを無駄にしただけの気分。国道16号一周を“荒行”としてチャレンジする自転車の人や原付の人は結構いるようですが、僕としては中型以上のバイクや車の人にはオススメしません。

これが「東京湾一周」なら、クルマでも、バイクでも、何度走っても楽しいんですけどね。やっぱりツーリングに景色って重要です。

まあ、国道16号一周は長年の宿題ではあったし、それが片付いただけ良かったのかな。僕のように一度はチャレンジしてみたい人もいるかと思いますので、以下、外回りルートで気をつけておいた方が良さそうなことを何点か。

  • 富津側は道の途中で終点となっています。細いT字路になっている場所で駐車も停車も難しいので、あまり神経質にならず、そのまま直進して富津岬公園まで行ってしまう方が安全だと思います。
  • 横浜市中心部では、高島町交差点で左折して、いったん国道1号に合流する必要があるのですが、高島町交差点をそのまま行こうとしてもなぜか右折レーンしかありません(気のせい?)。僕は仕方がないので、一度右折した後、次の横断歩道でバイクを止め、押し歩いてUターンしました。
  • 相模原市から町田市の境界付近、ただ道なりに走ってしまうと八王子バイパス(有料)に入ってしまいます。京王線の線路を超えるあたりに分岐があるので注意してください。僕はバイパスに入ってから気づいて引き返しました。

産業道路だけに、朝~宵のうちはどこでも基本的に渋滞がち。夜はがらがらですが、物流の大型トラックが多く、道も暗く、危険が一杯。

その分、ガソリンスタンド、コンビニ、ファミレスなどは沢山ありますので、くれぐれも無理をせず、休み休み、ゆっくり行きましょう。




スポンサード リンク