「富士総合火力演習」見学記

カテゴリー:日々の生活 投稿日:

昨年の夏は「アクアライン探検隊」に引き続き、幸運にも平均倍率数十倍と言われる入場券が当選しまして、陸上自衛隊の公開イベント「平成24年度富士総合火力演習」(2012/8/26開催)を観覧してきました。

「そうかえん」という愛称でも知られる自衛隊最大規模の公開演習で、戦車や火砲やバイクのレンジャー部隊が訓練している様子を、ほんの数百メートルの距離で見学することができます。

そうかえん1

とりあえずYoutubeあたりで「そうかえん」と検索していただければ、演習の様子は大体お分かり頂けると思います。昨年度の様子は、こちらの方の動画2本に、全て収録されているようです(感謝!)。

僕も短い動画ではありますが2本ほどアップしておきました。携帯のカメラなので画質も音も悪いですが最前列付近で取りましたので是非ご覧下さい。

ちなみに毎年DVDも販売されているようです。

今回この演習を観覧して初めて知ったのは、戦車はもとより、目の前で発射される火砲・銃器のことごとくが、言葉では言い表せないすさまじい轟音・衝撃波を発するものだということ。そして着弾時の無慈悲なまでの破壊力。

今なお世界各地で銃撃戦が繰り広げられ、ほんの60数年前、父母が幼かった時代にはこの日本でも戦争が起きていたのだと思うと、兵器というものの真の恐ろしさを垣間見た気がすると共に、「平和」「防衛」という言葉の重みや、自衛隊の方々の責任の重さを、齢40にして初めて思い知らされた一日でした。

そうかえん2

そんな真夏の一大イベント「富士総合火力演習」。観覧は無料ですが、入場券は抽選となっており、事前に応募しておく必要があります(一枚の当選で4名入場できます)。2013年(平成25年)は8月25日(日)の開催。すでに応募は始まっており、6月3日(月)~7月3日(水)の間となっていますので、気になる方はお早めに。インターネットからでも応募できます。

» 陸上自衛隊平成25年度富士総合火力演習応募ページ


ちなみに、自衛隊員関係者向けに、本番前の予行演習が見学できる特別なチケットがあるらしいです。友人の中にそれを見学したことがある人がいたので感想を聞いてみたところ、非常に空いていてスタンドの良い席で至極快適に観覧できたとのこと。

本番当日は入場者数3万人にもなり、炎天下の中どこもかしこもぎゅうぎゅう詰めでとにかく大変なので、ご家族・ご親戚・ご友人に自衛隊関係者がいらっしゃる方は、一度聞いてみると良いかもしれません。

そうかえん3




スポンサード リンク