千葉・習志野保健所でHIV検査(エイズ検査)・STD検査(性感染症検査)を受けてみたのでレポート

カテゴリー:ノンジャンル, 日々の生活 投稿日:

もう2ヶ月近く前の話になりますが、今年の8月上旬、保健所にHIV検査、STD検査を受けに行ってみました。

僕は30代の中頃に骨髄バンクのドナー候補になった経験がありまして、そのときの検査で血液感染する病気を持っていないことは分かっているのですが、まあ、それから数年経っています。

その間「思い当たる行為」が全くないわけでもないですし、この夏の猛暑で少々体調を崩していたことによる不安もあり、ネタ作りも兼ね検査してみることにした次第。

HIVやウイルス性肝炎のような難病は、検査を受けること自体中々勇気が要ることですが・・・万一感染していたとしても治療は早いほうが良いですしね。


さて、最近では通販系のHIV検査キット性病検査キットも大分安くなってきましたし、自宅で確認できる手軽さはありますが、今回は確実な結果を知りたかったこと、即日検査で結果を早く知りたかったこと、万一感染していた時のフォローなども考え、病院か保健所で検査するつもりでネット上の情報を検索。

病院については、多くの性病科で予約無く受診できるようですが、検査目的の診療は保険がきかないので、HIV検査単独でも数千円~1万円程度の費用がかかるとのこと。

極端に高い訳でもないですが、保健所では無料な訳ですから、どうしてもそちらに目が向きます。

千葉県では毎週どこかの保健所で受けられる体制になっているようですので、善は急げと千葉県ホームページの千葉県内のエイズ等相談・検査案内で検査日が一番近い保健所を調べ、習志野保健所に電話予約。マスコミ等で周知のとおり、名前も電話番号も聞かれることはありませんでした。

ちなみに習志野保健所では、定員に達していなければ検査日の前日まで予約が可能です。HIVの検査結果は即日(夜間検査は2週間後)、その他の検査項目(B型肝炎・C型肝炎・梅毒・クラミジア)の結果は2週間後に分かります。2週間後の結果は来所の必要なく電話で確認できるそうです。

HIVの即日検査では1%程度の偽陽性が出る(感染していないのに陽性と出る)そうで、その辺も少々不安にはなりますが・・・予約してしまった以上、今更逃げるわけにもいきません。当日はいつもより早起きをして、朝9時過ぎに習志野保健所に到着。


で、結果から言いますと、HIVもその他の項目も、すべて無事陰性。これまでクラミジア検査だけはしたことがなかったので少し心配していたのですが、抗体反応を見る限り過去の感染も無いとのこと。

自分が感染していないこともそうですが、人にこれらの病気をうつしたことも無い訳で、ほっと一安心です。

以下、今回検査を受けてみての感想・注意・その他について。これから検査を受けようと思っている方がいましたら、どうぞご参考下さい。

  • 当日の受診者数は大体30人程度。受付開始は9時ですが、9時半に僕が行った時点で受付番号は20番でした。検査開始の10時から僕の番号が呼ばれるまで1時間。即日検査の結果が出るまでさらに30分以上。早めに行かないと午前中は完全につぶれると思います。
  • 受診者の男女比は4:1といった感じ。ぱっと見、男性は20代後半~30代の人が多く、女性は20代中ばの人が多いようでした。基本的には真面目な感じの人ばかり、なぜか美男美女が多く、ちょっと近所を散歩するような格好で行ってしまった自分が少し恥ずかしくなるほどでした。身だしなみはきちんとしていきましょう。
  • 献血同様、肘の内側で採血しますので、夏でも長袖を着ていった方が良いかもしれません。保健所付近を半袖で歩いていれば、絆創膏の跡で「あの人エイズ検査を受けに来たんだ」と丸わかりです。
  • HIV即日検査以外の結果は、帰りに渡される検査票の番号で聞くことになります。HIVの結果が陰性だったからといって、浮かれて無くさないように気をつけましょう。2週間というのは意外と長いもので、僕は机周りの掃除をしたとき、不要な書類と一緒に捨ててしまうところでした。
  • 匿名検査である以上、申し込み書に名前や連絡先を書く必要はありませんが、検査結果を書面でもらうには、名前と連絡先を記入しなければならないとのことでした。また、郵送はしていないそうで、保健所に行って結果を受け取る必要があるとのこと。逆に言えば、実名で検査を受け、2週間後保健所に出向く時間があるのなら、結果を書面で受け取ることが可能です。
  • 保健所の方はさすが検査のプロフェッショナルだけあって、受け答えの全てに安心感がありました。万一陽性・偽陽性が出てもきちんとカウンセリングしてくれそうで、結果が出るまでの間も不安は少なかったです。最近では夜間検査も増えていますので、何かやむを得ない事情がある方を除けば、通販系の検査キットよりも保健所で調べた方が断然良いと思いました。もちろん献血で調べるなどもってのほか。ネット上には「実は献血でも陽性なら知らされる」など真偽の不確かな情報がよく見受けられますが、仮にその噂が本当だとしても、陰性であることが知らされない以上、いつまで経っても不安は消えません。また、万一感染者の血液が検査をすり抜けるようなことがあれば、輸血された人たち全員に感染の危険があります。
  • 性病予防の有力策ということからか、保健所内の何カ所かでコンドームの1個入りパックが山のように置かれており、持って帰りたい放題になっていました。中にはわしづかみして帰って行く方もいて・・・さすがにそれはマナー違反だとしても、何個か持って帰れば交通費の足しにはなるかもしれません。保健所で配られていたコンドーム

最後にもう一点。今回の検査日は、ほとんどの人が一人で来ていたようですが、カップルと思わしき若い男女が二組ほどいました。両組とも、即日検査を終え満面の笑顔で去っていく姿は、本当に幸せそうで、爽やかで、素敵なものでした。

現在ご結婚されている方、パートナーがいる方、恋人未満だけどあとちょっとという人がいる方、いちど保健所デートなんて、いかがでしょうか?




スポンサード リンク