いろいろあって禁煙2ヶ月

カテゴリー:日々の生活 投稿日:

僕は習慣的にタバコを吸うようになってから、ずっとキャメルのフィルターを吸い続けてきました。

キャメルは世界的には超メジャーですが、国内ではとてもマイナーな銘柄。特に一番重いキャメルフィルター(11mg/0.8mg)は、置いてあるお店が非常に少なく、タバコ店なら5~6軒に1軒、自販機なら10台中1台、コンビニなら20軒に1軒あれば良い方。実はJTがライセンス生産しているんですけどね。国内生産とは思えない取扱店の少なさ。

行動エリアの全キャメルフィルター取扱店を常に把握しつつ、出張の時には必ず日数分買い込んで、初めて行った街ではキャメルフィルターが手に入る店を調査しながら行動・・・それが僕の日常でした。

まあ、不自由さは感じません。だって、そんな生活がもう、20年近く続いていたんですからね。そう、イギリス人の生活に紅茶が欠かせない(と言われている)ように、一日ひと箱のキャメルは僕が僕らしく生きるために絶対に欠かせないアイテムだったのです。

しかし、愛煙家の皆さんご記憶の通り、JTは大震災の影響から4月11日よりタバコの出荷制限を開始。買い込んだキャメルはすぐに無くなり、止むを得ず入手しやすいマルボロやフィリップモリスで我慢していたら・・・5/12日の発表では、なんとキャメルをこのまま販売終了するって言うじゃないですか!!

いくら何でも酷いよJTさん。どんなに国内で売れてなかろうが、キャメルはメジャーブランドのタバコだよ!?紙巻きタバコの文化をずっと引っ張ってきた古参のブランドなんだよ!?廃止なんかにせず、国内での生産が無理ならライセンス契約を止めて本国から輸入するとか考えるのが普通じゃないか!!

とまあ、公私ともに震災の影響でナーバスになっていたことも手伝い、怒り心頭な僕は意地でもキャメルフィルター以外のタバコに乗り換えないことを決意しました。

  • 俺は、タバコが吸いたい訳じゃない。キャメル(フィルター)が吸いたいんだ。
  • キャメル以外のタバコに依存している俺なんて、そんなの俺として認められない。
  • キャメルを吸って不健康になるなら本望だが、それ以外のタバコで寿命を縮めるようなことがあれば親にもご先祖様にも申し訳ない。
  • だいたいキャメル以外のタバコになんてビタ一文出したくない。

その気になれば個人輸入で買うこともできるんでしょうが、さすがにそこまでする気は無いので、結果として禁煙スタートと相成りました。それが5月の15日のこと。

少なくとも国産キャメルは二度と吸えません。残念だけど仕方がない。。

で、結果としては、本日7月15日で無事に禁煙2ヶ月を達成。途中様々な困難はありましたが、もう我慢の時期は越え、すっかりタバコの煙が嫌いになりました。たとえ今、目の前にキャメルを差し出されたとしても、たぶん吸いたいとは思わないことでしょう。

なにしろ、煙とニコチンがすっかり抜けた今、僕の体は羽根が生えたように軽く、思考力・集中力・空間認識力、視覚・嗅覚・聴覚、ありとあらゆる能力と感覚が研ぎ澄まされているのがハッキリとわかります。これを再びスモーカー体質に戻してしまうのは余りに勿体ない。

実は僕、過去に2回ほど禁煙にチャレンジしたことがあるんですが、いずれも1週間くらいで挫折してきました。今回の成功は間違いなく、キャメルが廃止になったおかげ。なにしろ吸いたくて吸いたくて心折れそうなときでも、僕のタバコはもうどこにも無いんですからね。

未曾有の震災による、どうしようもない、苦渋の選択だったんだろうけど、キャメルを廃止リストに加えたJTの判断に、僕は感謝しなきゃならないな。

僕と同じくキャメラーだった皆さん。また、同時に廃止となったチェリーその他の愛好家だった皆さん。今からでも遅くありません。代替のタバコを吸い続けるくらいなら、いっそタバコを止めてしまいましょう。

タバコ経済はきっと他の銘柄の愛煙家の皆さんが担ってくれます。僕らはタバコ休憩で無駄にしていた分、休まず働けばそれで良い。将来の医療費も下がるだろうし、おそらく今まで以上にお国のために役立ちますから。

とまあ、タバコ無しでも徹夜作業が苦も無くできるようになった自分が嬉しくて嬉しくてたまらない、ちょっと変なテンションで迎えた締めきり後の真夏の朝なのです。


※禁煙継続にお役に立ちそうなツールを作成しましたので、ぜひ一度お試し下さい(※運営者は別の方となります)。

» みんなの禁煙掲示板『禁煙時計&タバコ代計算ツール』
(スマートフォンの方はコチラ。)




スポンサード リンク