WordPressの引越しやURL変更等でリダイレクト文を書くときのお手伝いツールを作ってみました

カテゴリー:ウェブ, ツール 投稿日:

最近のお仕事で、複数のサブドメインに散らばっていたWordPressサイトを一つにまとめるという、単純なようでいてややこしい作業をしました。

たとえば、サーバー名が変わる上、パーマリンク構造も大幅に変わる関係で、移転前のサーバーにリダイレクト文を書いた.htaccessを置いてやる必要があります。しかも移転前のページはURLに日本語がタップリ。

そんなページが合計数百ページにもなる状態だったので、やむを得ずWordpressのエクスポートファイルを参照して新・旧ページの対応リストを生成するスクリプトを頑張って作成。

旧URLの日本語デコードも自動でやるようにしたので、リダイレクト文に関しては、10サイト弱合計で1,2時間の作業で済みました。まあ、スクリプトを書くのに軽く数時間かかってしまいましたけど。。

折角作ったのでこちらに置いておきます。Wordpressサイトのリニューアルをしていて、大量のリダイレクト文を書く必要に迫られていて困っている方、是非一度おためしください。

wp_rst(wp_rst.zip ZIP圧縮 1.3MB)

大したスクリプトではないので自由に使って頂いて結構です。有償販売、無断配布のみ禁じます。

ご用意しているのはWindows版のみ(※一応32bit用)。対象となるのはUTF-8(BOM無し)で作られているサイト限定です。

ご質問をはじめ、サポートは一切致しませんので、何卒ご了承の程。

使い方

  1. インストールは不要です。ダウンロードしたファイルを適当なフォルダに解凍してください。
  2. 旧サイトでWordpressのエクスポートファイルを生成し、from.xmlと名前を付けて、ツールのexeファイル(wp_rst.exe)と同じフォルダに入れてください。複数のサイトのエクスポートファイルを変換したい場合は、1つのファイルにマージするか(非推奨)、以下の手順を繰り返し行ってください(推奨)。
  3. 新サイトでWordpressのエクスポートファイルを生成し、to.xmlと名前を付けて、ツールのexeファイルと同じフォルダに入れてください。
  4. wp_rst.exeをダブルクリック。
  5. wp_result.txt(リダイレクト作成用ファイル)と、wp_error.txt(エラーファイル)が生成されます。
  6. あとは生成されたファイルの内容をテキストエディタなどで加工して、.htacessを作成してください。

ご注意

  1. 対象となるのは投稿記事、固定ページ、メディアページだけです。アクティブなものだけに限られます。カテゴリー、タグ、日付別アーカイブ等は対象外ですので別途手作業での作成が必要です。
  2. リダイレクト先が見つからないものや、リダイレクト先が2件以上見つかるものは除外されエラーファイルに記載されます。それらのページも別途手作業での作成が必要です。
  3. あくまでリダイレクト文の作成に一定の知識がある方向けのツールです。無限ループのチェックもしませんので、必ずご自身の目でチェックをしてください。
  4. あくまで趣味の延長で作った極めて簡単なスクリプトです。エラー処理等不完全なところがありますし未知のエラーがあるかも知れません。このスクリプトを使うことで起きる障害・損害に対して作者は一切の責を負いません。あくまで自己責任でご利用下さいますよう、その旨ご同意の上でお使いください。

その他、詳細は、同梱のreadme.txtをご覧ください。




スポンサード リンク